新作


2022.4.22
J2203「2カラージップアップブルゾン」

デザインコンセプトは、「カーディガンのように軽く羽織れてかさばらないコンパクトな大人のブルゾン」
ブルゾンというアイテムを想像すると色々なものが思い浮かびますが、今回作りたかったのはしっかりとした厚手のタイプではなく、軽くしなやかな素材で、適度なゆとりのあるシルエット。カーディガンのように羽織りやすくて、ワンピースやスカート、ボリュームのあるパンツなどに合うような着丈のブルゾンです。

ファスナーの縫い方も金具を見せる方法で、簡単にできるようにパターンの形、縫い代、手順を工夫してあります。
裾に平ゴムを通す仕様でゴムの長さを好みで調整出来るので、バストラインに比べてヒップが小さい、大きいなど様々な体型の方にも似合うバランスで作れるのが大きなメリットです。ちょっとした長さの調整で似合い方が変わる事を知って頂きたいなと思っています。

細めの衿は柔らかく沿うようにバイアスの布目になっています。ちょっとした上品なデザインアクセントになっていると思います。衿を付けないとクルーネックのノーカラーにもなって、シンプルで上品な雰囲気です。

後ろケープもふんわりと柔らかいシルエットに見せてくれます。
ラグランスリーブは袖ぐりにゆとりがあり、着心地がとても良いかと思います。袖口にタブがあり、袖口を絞る事が出来ます。袖口を絞らずに折り返すこともできるのでタブの始末を選びました。
袖丈を変えられると暑い季節にも格段に着こなしやすくなるのでとてもお薦めです。
ファスナーがあるデザインは、甘めの服も中和してくれるのがとても気に入っています。着こなしの幅を広げてくれると思っています。

黒の素材はポリエステルのサテンです。光沢があり、とろみがあります。厚みは中肉よりも少し薄い感じです。うっすら透け感があってさらりと軽いです。
ポリエステルなのでシワにならないのはお手入れがしやすいです。
オープンファスナーの金具は珍しくゴールドにしてみましたが、良い感じのアクセントになっています。黒とゴールドでエレガントでリッチな雰囲気がありますね。
ハリのない素材なので、小さいシルエットで上品な仕上がりになりました。とろみが強いので縫いにくさはありましたが、着心地が良いので満足しています。
衿付き、ケープ無し仕様で作りました。黒はファスナーも選びやすいです。今度はブラックリネンで透け感のある素材でも作ってみたいと思いました。

衿無しの白はポリエステル混の綿ローンワッシャー加工素材です。一般的なローンの厚みで透け感があり、適度なハリもあり軽くシャカシャカとした音がします。やはりポリ混なのでシワにならないのでお手入れが楽です。軽い着心地でワッシャー加工の為かふんわりとしたシルエットに仕上がりました。
ケープ有りでノーカラー仕様、スライダーに共布ヒモを付けてあります。ちょっと失敗したのはファスナーのオビが晒の白だったので、素材よりワントーン白かったかなと思いました。大きくは目立ちませんが、同じような白でも布地と重ねて色の確認をしないといけないなと改めて思いました。

ファスナーのオビを配色にするのもハイファッションぽくって面白いですし、身頃もファスナーも金具も黒系にするとモードな雰囲気でカッコいいと思います。

詳細は「catalog」のページの「jacket」のページをご覧下さい。