新作


2020.1.23

M196「ハイネックフレアーブラウス」

少しの高さで立ち上がるハイネックは、何となく衿元の鎖骨が隠れてすっきりとした印象に見せてくれます。
暖かくなるとブラウスも袖が短くなったり、足首が見えるボトムスを着る事も多くなります。そんな時に衿元は肌の見える面積が少ない衿元にすると、上品な感じになると思います。

Tシャツも衿ぐりが伸びるとちょっとだらしない感じになりがちですよね。そんな理由から、普段使いからちょっとかしこまった場面までを想像して作ったブラウスです。ボートネックブラウスなどの衿変化と似た発想です。ちょっとした差なのですが、見た感じの印象は結構変わってきます。

身幅はゆとりがあり裾にかけてフレアーが入ります。
柔らかな肩のラインのドルマンスリーブの5分袖は、袖口に適度なフレアーが入ります。
身頃も袖も適度なフレアーのバランスを考えてあるので甘過ぎず、ゆったりとしたパンツやスカートとも相性が良いです。
是非春のブラウスのワードローブに入れて着まわして頂きたいです。
袖付けがいらないドルマンですので、パーツが少なく短時間で仕上がります。

こっくりとしたチョコレートっぽいボルドーは麻の平織りです。中くらいの厚みで少ししっかりとした糸です。ハリ感と少しだけ透け感もあります。
ハリがあるので、衿ぐりがきれいに立ち上がりシルエットもはっきりと出てきれいな仕上がりです。ハリは大事です。
チョコレートっぽい色は、濃い目の色の中で、黒や紺の変わりにも使いやすい色だと思いました。ちょっと気分を変えて、黒のボトムスに合わせるのも良いですね。
写真はP1703のゆったりパンツと合わせています。細身のボトムスとも合わせられますし、Tシャツのように着まわして頂きたいですね。

詳細は「catalog」のページの「sun plunning」のページをご覧下さい。商品は全国の手芸店でお買い求め下さい。