たま〜に映画 音楽情報


2020.5.14
映画館を止めるな

コロナの自粛要請により大きな打撃を受けている仕事として映画館があります。吉祥寺にある「アップリンク」の代表浅井隆さんも様々なメディアに出演し、映画館の、それ以外の多くの文化施設の窮状を訴えています。私も最近は映画館に行かずに自宅で映画を見る人になっていましたので偉そうなことは言えませんが、映画館という文化が消えてしまうのはあまりにも切ないです。

「アップリンク」は特別な映画館ですし、大好きな黒沢清の「アカルイミライ」を制作した会社です。浅井さんという人も天井桟敷というアングラ劇団にいたくらいの人で、実験的な試みを繰り返してきました。

そしてそのアップリンクが支援したのがこの「メランコリック」です。実は見始めて映画の中でそれを知りました。
「銭湯で殺人処理のバイト」というちょっと意味の分からない解説を読んでいたので、はたして面白いのか?どうなんだろうと半信半疑で見ましたが、単純に面白かったです!別にホラーとか、おどろおどろしい映画ではなく、青春ヒューマンコメディー的なコミカルな映画で理屈抜きに面白いです。素晴らしくセンスが良いです。

何か既存のスタイルでなく、若いセンスの良いスタッフたちが新しい形で作り上げたタイプの映画のようで、そういう意味で「カメラを止めるな」的な活きの良い新しいタイプの映画のようです。アップリンクなど4館からスタートした劇場公開は、評判を呼び40館以上に増えていったそうです。低予算で無名の役者でもヒットする、希望を感じる映画でした。さすがアップリンク。

そんなんで応援を兼ねてご覧下さい。